• home
  • 宇野愛
  • 菊地舞美
  • 淵本恭子
  • スペシャルコンテンツ

2009年8月4日
「半年間ありがとうございました!!」

ついに先週の木曜日、キャスターを卒業しました。
半年間という短い間でしたが、応援してくださった皆さん、
ありがとうございました(。?∀?。)

最終日は朝から、
こうやってタクシーでフジテレビに向かうのも最後だなぁ。
メイク室に入るのも最後だなぁ。
という思いで、涙が出そうでした。
特に、メイク室でいつもご一緒させていただいていた
芸能リポーターの前田忠明さんに「泣くなよ〜。」と言われ、
メイクさんと忠明さんに「がんばってきてね。」と見送られたときは、
早くも泣きそうでした。

でも本番は、最後だからこそ丁寧に伝えよう、と初心に帰り、
落ち着いてニュースをお伝えできたと思います。
すべての放送が終わったときには、やっぱり少し泣いてしまいましたが(>_<)



ベイブリッジ


泣き終わってから、スタジオでディレクターの町側さんに
写真を撮っていただきました。
スタジオではこんな様子でニュースを読んでいました(^○^)
写真は作った感バリバリの不自然な笑顔ですが、
本番はちゃんと真剣にやってました(^_^;)



ベイブリッジ


そしてお天気は、このようにクロマキーというものを
使ってお伝えしていたんです(●^o^●)



ベイブリッジ


最後にデスクの芝原さんとの写真です(^◇^)
芝原さんは学生キャスターのオーディションの面接官で、
そのときに初めてお会いしました。
その後、研修中も、キャスターデビューしてからも、
お世話になりっぱなしでした。
いつも笑顔で励ましてくださったり、
岡山弁によるアクセントの違いを直してくださったり、
無駄話に付き合ってくださったり・・・。
芝原さんのおかげで半年間無事に完走できました、
ありがとうございました☆

芝原さん、町側さんをはじめ、ニュースの編集長“だった”加納さん、
ニュース読みの基本を教えてくださった向坂アナウンサー、
そして報道センターの皆さん、本当にありがとうございました。
報道センターで、ニュースを作るのにこれだけ多くの人が
関わっているのだと知り、身が引き締まる思いでした。
皆さんお忙しいのに、いつも笑顔で接してくださって
嬉しかったです(。?∀?。)
これがフジテレビのいいところ!!

思い返せば一年以上前。
アナトレの社内見学で、報道センターを上から見下ろすかたちで
見学しました。
各局の放送を映すテレビがずらっと並び、
忙しそうに人が走り回っている様子を見て、
「ここが報道センターかぁ。」と感動しました。
まさか一年後に自分がその場所に出入りしているなんて、
夢にも思いませんでした。

キャスターという、普通ではなかなか経験することのできない仕事を
務めさせていただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。
この経験は私の宝物です♪
支えてくださったすべての人に感謝します☆

ありがとうございましたヾ(^▽^)ノ