ペルーの赤

 第1回はペルーの「赤」。
 ユニークな家族写真を得意とし、2009年には写真集「浅田家」で第34回木村伊兵衛写真賞を受賞した浅田政志がペルーの街で、山で、ジャングルで…様々な赤を写真に収めていく。
 ペルーでしか見かけないような珍しい植物、不思議な生き物、雄大な大地、そしてこの地に暮らす「家族」や「仲間」との出会いを通して、浅田はペルーと「赤」との深いつながりを見出していく。

1979年三重県生まれ。
2000年日本写真映像専門学校 研究科卒業
2003年東京へ上京。
2004年スタジオフォボスにて勤務。
2004年関西にて個展多数。浅田政志写真展「浅田家」(auracross/guildgallery等)
2007年独立。
2009年第34回木村伊兵衛写真賞。
2010年「Tsu Family Land」浅田政志写真展(三重県立美術館)

著書に『浅田家』(ユトレヒト/2007)、『浅田家』(赤々舎/2008)、『NEW LIFE』(赤々舎/2010)などがある。