4K放送開始まで、あと

 4K放送への取り組み

 BSフジは2016年秋に総務省が募集したBS・東経110度CSによる4K・8K実用放送の業務等の認定申請について、BS 4K右旋1チャンネルを申請し、2017年1月24日、総務大臣より正式に業務認定を受けました。

 現在、BSフジは2018年12月1日の放送開始に向けた準備を日々進めています。

 視聴者の皆様に、いち早くこの新しい4K衛星放送を提供することにより、 超高精細映像などの最先端技術をお楽しみいただくなど、視聴者サービスのさらなる向上に努めてまいります。放送開始から17年。新しい放送の歴史に挑戦し続ける、新たなBSフジにぜひご期待ください!

 お知らせ

2017年12月4日:

新4K8K衛星放送開始1年前セレモニーについて

 詳細はこちら 

2017年12月1日:

4K放送に向けた設備改修に伴う放送休止のお知らせ

 詳細はこちら 

2017年1月24日:

BS4K実用放送業務認定のお知らせ

 詳細はこちら 

 4K放送に関する動画

 4K8K推進キャラクター深田恭子さん
初PR!「別世界はじまる」
(1) BS・110度CSによる4K・8K放送のご紹介
(2) BS・110度CSによる4K・8K放送を視聴するために
(3) BS・110度CSによる4K・8K放送を適切に受信するために

 4K放送に関する動画

 

Q. 4Kって何?
A. 現在のテレビで放送されているハイビジョン(2K)より、さらに細かく、精密で、画質のよい放送方式のことです。スポーツ中継や美しい景色などの番組などで特に威力を発揮すると言われています。
 4Kはフルハイビジョンより4倍細かく映像を描写できます。Kは1,000の意味です。画像を表示するための光の粒を画素といいますが、それが現在のテレビ画面だと縦方向に約1,000個、横方向に約2,000個並んでいるので2Kと呼びます。4Kはその画素が縦方向に約2,000個、横方向に約4,000個並んでいます。
Q. BS4K放送はどうやって見るの?
A. BS4K放送を見るためには、①4K対応テレビ ②BS4K対応チューナー ③BS用パラボラアンテナ が必要です。今4K対応テレビをお持ちの方は、BS4K対応チューナーが新たに必要です。
 BS4K対応チューナーやBS4K対応チューナー内蔵テレビは2018年秋には発売予定です。ケーブル局でも4K放送を始めるところがあり、チューナーやパラボラアンテナが不要な場合もあります。またマンションなどの集合住宅などでは、共同協調設備などを改修することが必要になる場合もあるので、管理会社などにお尋ねください。
Q. 4K対応テレビやBS4K対応チューナーがあっても、アンテナなどを替えないと
  新しい4K放送が見られないって話を聞いたことがあるのですが?
A. 新しい4K衛星放送は、右旋および左旋の放送波で提供されます。電波には、いくつかの偏波方式があり、右旋円偏波(=右旋)、左旋円偏波(=左旋)はその種類のひとつです。BSフジをはじめとする無料民放BS5局とNHK4K放送は、今までお使いになっているパラボラアンテナ(右旋用)で見ることができます。
 一方、左旋の放送波で提供される一部の有料衛星放送などは、アンテナなどの機器を左旋にも対応するものに交換しないと、受信することはできません。
※詳しく知りたい方は、A-PAB「新4K8K衛星放送」HPへ
Q. BSフジでも4K放送をするの?
A. 2018年12月1日から新たに4K放送を始めます。楽しみにしてください。
Q. 現在のBSフジのチャンネルはどうなるの?
A. 現在のハイビジョンチャンネル(2K)も放送を続けていきます。
Q. BSフジの4K放送を見るにはお金がかかるの?
A. これまで通り無料放送を継続していきます。
Q. BSフジの4K放送ではどんな番組を放送するの?
A. 現在のハイビジョン(2K)放送の番組編成を基本とした4K放送を行う予定です。
 4K放送の魅力をお届けするのに最も適した、看板番組や人気番組などの4K化を計画中です。例えば毎週月曜~金曜のよる8時から放送している「BSフジLIVEプライムニュース」は2018年12月以降、4Kで生放送することが、すでに決まっています。ゲストの表情や言葉を4Kで表現することで、白熱する議論を、その場にいるかのようにリアルに、見ることができます。そのほかにもスポーツ中継や旅・紀行番組など4Kの綺麗な映像を活かした魅力的な番組を準備しています。
Q. BSフジの4K放送チャンネルは何という名前になるの?
A. 皆様に親しんでいただける名称を、現在検討中です。今しばらくお待ちください。